Modest Studio

音楽が好きな大学生のりたこのブログ。
音楽素材を取り扱っています。
素材利用規約・メールアドレスは
『注意とお知らせ』カテゴリーからご覧ください。
素材は『音楽素材』カテゴリーからどうぞ。
[muzie]http://www.muzie.ne.jp/artist/r025218/
[SoundCloud]https://soundcloud.com/noritako
[PIAPRO]http://piapro.jp/noripypy_27
[クレオフーガ]http://creofuga.net/users/7541

Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
Category
Twitter
Skype
ログイン状態
Ranking&Search
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングブログランキングWeb素材屋サーチ(イラスト・写真・画像検索)
Access Counter
ブログパーツUL5
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ オリジナル音楽素材"Endspurt"
新曲です。
今月中に"Last Spurt"の修正版と同時にアップする予定だったので
滑り込みセーフですね( 'ω')
いつもとはちょっと違った雰囲気になりましたよ( 'ω')

 

機械系とか不思議系のラストダンジョンをイメージしています。
実はタイトル、"Last Spurt"のドイツ語で
サビのフレーズは一緒です。
"Last Spurt"がバンドメインだったので
今回は思いっきりシンフォニックにしてみました。
アレンジの違いを楽しんでいただければ嬉しいです( 'ω')
スラップベースのソロにも初挑戦です。実際に弾けるのかなこれ。

ではでは、もしよければ聴いてやってください〜!
……フェイスブックにも載せてみようかな。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル音楽素材"Last Spurt"
僕の誕生日、12月27日なんですよ。
で、クリスマスソングが結局間に合わなかったから
誕生日に何かしら1曲アップしようと思ったんですよ。
けど日付見てみましょう。間に合ってませんね……( 'ω')

およそ2日間でこんな曲ができました。

 

またまた戦闘曲。好きなんだもん( 'ω')
日付変わって今日誕生日の友人に送りつけました( 'ω')

かなり急いで作ったんで確認おろそかな部分があるかもしれませんが
もしよければ聴いてやってください( 'ω')
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル音楽素材『血湧き肉躍る宵祭 [Battle Version]』
やっとこさ完成です( 'ω')
完全新曲じゃなくてごめんなさい( 'ω')
オリジナル楽曲『血湧き肉躍る宵祭』を戦闘曲風にしてみました。
ら、こうなりました。

 

一応主な変更点を書いておきます。

/轡侫譟璽債媛叩∈徨鮖匣鐔
▲僉璽板媛叩別擺錨)、削除(ウィーンってやつ)
アレンジ見直し

大雑把ですがこんなもんですね( 'ω')
音量上げすぎた感ありますね。バスドラとか気になるかも。
あとは録音直前にアレンジした箇所もあるんで
作り込みが甘いかもしれないですね。





原曲を公開したのが去年の4月だね。
1年と8ヶ月でこれだけ成長できましたよっと( 'ω')
悪くなってる部分もあるかもね。





ではでは、是非お聴きください〜。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル音楽素材『アドベンチャラーズマーチ』
前の記事で書いたと思いますが、新曲です。
今回は部分的な公開はしてなかった……はずですね。
記憶が正しければ(;・∀・)
今回もフィールド曲というテーマで制作しました。
オーケストラサウンドです。ででん。



曲構成は、
【イントロ→A→B→C→A’】×2→D→以下ループ
となっています。
それじゃあ前回同様イントロから追ってみましょう。

◎イントロ〜
タイトル通り、マーチ=行進曲ということで、
出だしは明るく、わくわく感を出したいなと思いました。
シンプルに仕上げています。弦がちょっと無理矢理感あるかも。

◎A
特に書く事が思い付かない(;・∀・)
かなり譜面すっきりしてます。

◎B
チューバ経験者として、低音メロディは絶対入れたかったんです。
トロンボーンも吹いてるけど、もうちょっと輪郭はっきりさせたかった。
低音の直後は静まり返り、木管主体に。
この木管部分のオーボエとクラは少し前までは違う動きをしてました。
色々考えて今の動きにしましたが、んー、どうなんだろう。
それからラッパ+トロンボーンとピッチカート。
これ以外のアレンジが思い付かなかった(;・∀・)
そしてCへ繋がります。

◎C
自分で作っておいて言うのもあれですが、
ここ、絶対もっと良いアレンジの仕方あるはずだ。
トロンボーンが浮きすぎてる。
ヴィオラがホルンと一緒に対旋律やってるんだけど、
ディビジでトロンボーンと一緒に刻ませた方が良かったかも。
そしたらホルンの音量的に対旋律聴こえなくなるかもしれないけど。
ここでホルンは強く吹かせたくないしなぁ。
というかヴァイオリンもメロディじゃなくて刻ませるべきだったか?
考えるときりがない。
あ、聴こえにくいかもしれないけど頭で一音だけチャイム鳴らしてます。
無性にチャイム入れたくなったんです。地味だけど、こだわりです。

◎A’
Aをもっと華やかにしました。
ここで一旦ループするので、思い切り良く。

◎D
A’が終わってループして、
2ループ目も終わるかと思いきや新しいフレーズが出てきます。
ゲーム音楽では結構ありがちな構成じゃないかなと思います。
閃の軌跡の"Tie a Link of ARCUS!"とか、
BDFFのラスボス前哨戦(で合ってるかなあれ)2曲とか。
もう少し展開持たせて長くした方が良かったかな。
初めて聴くと拍子抜けかもしれないね。
後半部分は木管が大変なことに、連符だらけで息継ぎの暇がありません。
せっかく転調して美味しくなる部分なのに
何もしてないパートがあるのはおかしいだろと思い
何かやらせたくて思い付いたのが連符地獄です。
ドラクエ4の『馬車のマーチ』みたいにしたかったんです。
でもこの曲調に連符は……合ってる……かな……(;・∀・)

これでちゃんとしたループをするのですが、
今回も繋ぎ目が強引になってしまった感が否めないですね(;・∀・)
なんだか初期の曲の方がループ上手かった気が凄くする!

◎全体を通して
滅茶苦茶吹奏楽っぽいアレンジになっています。
というより、なってしまいました。
元は吹奏楽曲として作っていたんですよ。
あれ前も言ったっけこれ。
ツイッターでは言ったけどここで言ったかどうかは覚えてない。
多分言ってない。うん。
この曲の大部分のフレーズを思い付いたのは2年前とか
それくらい前だったと思うんですけど、
その頃から吹奏楽曲を作りたくて、譜面は少しずつ作っていたんです。
Cだけは最近になってから制作しましたが、
構成も途中のループをしないというだけでほぼ同じでした。
が、音源(のせいにするのは極力避けたいのですが)と
僕の現時点での技術の限界で、
薄っぺらく打ち込み感バツグンのサウンドに耐え切れなくなり
少しでも『それっぽさ』を出せる弦楽器に手を出してしまいました。
それからはユーフォとサックスを抜き、アレンジも大幅に変更しましたが
それでも元の吹奏楽編曲から完全に脱することができませんでした。
というかそれ以前に僕は圧倒的にオケよりも吹奏楽の経験が長くて
身に染みていますからね。
これぞオーケストラ!という曲を作れるようになるには
まだまだ時間がかかりそうです。

冒頭でも書きましたが、
今回も『ぼくらの旅路』同様、フィールド曲を想定しています。
乗り物系じゃないという点でも同じですね。
ただ『ぼくらの旅路』は序盤から終盤まで使えるイメージですけど
こっちは例えばシリアスなRPGで終盤に流れてたら
きっと凄く違和感があると思います(;・∀・)
あまりシリアスな展開になる前の序盤がぴったりじゃないかな!
パーティの平均年齢も10代ですね、間違いなくw

実はこの記事を書いている時点ではまだ未完成です(;・∀・)
波形編集中にコンプレッサー前後の聴き分けができなくなってきたので
耳の休憩がてらひたすら書いています。
結構な長さ書けたんじゃないかな!
感想等あれば気軽にお願いしますね(^ω^)
| DTM | comments(0) |
■□ 血湧き肉躍る宵祭
※本楽曲"血湧き肉躍る宵祭"は
ダウンロード及び素材利用を禁止します。




今回は徹夜テンションじゃないです。
でも徹夜テンションに似たような何かが原動力です。





今回も超滑り込みで本当にギリギリ間に合いました(´ε`;)
余裕持てないのが僕なんです・・・←

タイトルや前回の記事でお分かりかと思いますが、
今回は完全新曲です。

こんな曲になっちゃいました!
色々と挑戦してみたんですが、どうでしょうか(´ω`)

転調する曲はいくつか作っていましたが、
前回書いた通り変拍子は初めてです。

ほんの少しだけですが、
この変拍子の部分で曲調が変わるのが分かるでしょうか。
今まで全然使ったことのないようなコード進行しちゃってます( *`ω´)

変拍子が終わったかと思ったら、今度は祭囃子が始まりますヽ(´▽`)/
この辺りの曲調の劇的な変化は今回最大の挑戦です!
『変だね』って言われたらそれまでなんだけど・・・(´・_・`)

そして最後はブラスとバンドが復活するサビです!
一気に駆け抜けて終わる一曲です( *`ω´)

・・・まあ、本当に『変だね』って言われちゃえばそれまでです。
僕のセンスが乏しいってことです(´ε`;)

エイプリルフール企画の後に10日ほどで作った曲なので
『あそこ確認したっけ!?』って部分が今回も多いです(´Д`;)
もうどうしようもないけど、不安な部分いっぱい(´・_・`)

それでも今回は色々と挑戦して頑張ってみました!
もしよければ感想お待ちしております!





安心したら急にお腹空いてきた(´ε`;)
それじゃ飯食って向こうの日記も書いてきますヽ(´▽`)/
| DTM | comments(0) |
■□ Impulse -DOKODON FIGHTERS Edition-
※本楽曲"Impulse -DOKODON FIGHTERS Edition-"は
ダウンロード及び素材利用を禁止します。




徹夜テンションでエイプリルフール企画に便乗したらこんな曲が出来ました☆

・・・。

なんじゃこりゃ\(^o^)/

※加筆途中に記事が全て消えてかなり萎えました。どうでもいい報告。





オリジナル音楽素材"Impulse"を今回の企画のためにアレンジしました。

聴いていただければ分かるかと思いますが、
ソロと間奏をごっそり削って、やっつけでアウトロを作っています。

イントロ後のフレーズは完全に新しく作りました。
とにかく急いで思い付きのままに作った割には
結構カッコよく出来たと思っています。
ここで聴く人の心を掴むことが出来ればなぁと。

転調してからのギターとシンセのフレーズは
実はかなり気に入っているのでそのまま採用。
その後のアウトロへの流れは、なんかもう、あれですね\(^o^)/
最後のドラムとかギターとか、イントロとほとんど同じじゃねぇか!!
というツッコミが聞こえます。
こっ、これがベストだと判断したんだ!!ヽ(´Д`;)ノ

最後の方にもピコピコ入れれば良かったなぁなんて思っています。
そうそう、ピコピコの音量上げました。こっちの方がいいね。

あとは何だろう。
指定にもあった通り、音圧と低音域は控え目です。
パン振りは変えていないので、LR単体で聴くのはまずいかも。
指定にありましたが、あまり変えたくなかったので素材の方と同じです。

あー、もうちょっとカッコいい曲名にしたかったなぁ・・・←

ここまで来たらもう逆にとにかく聴いていただきたいです。
感想お待ちしております:(;゙゚'ω゚'):





ここで小話を2つほど。

同じ曲名で二度エントリーしてしまったのは、
一度目をエントリーしてから気に食わない部分を見つけてしまい
どうしても直したくなったからです。
その結果滑り込みでギリギリ、本当にギリギリ間に合い、
学校の説明会には余裕で遅刻してしまいました←←←

もうひとつ。
この企画を知ったのは
1日の遅番が終わってから(要するに日付が変わった真夜中)で、
何故か作業意欲が湧いてきてしまい、徹夜で作っていました。
全く寝ないまま説明会に出て昼には終わって帰宅したのですが、
早番までにちょっとでも寝ようと思って
アラーム3つセットしてベッドでゴロゴロしてました。
ここまで書けばオチは読めるかと思いますが、
アラームに全く気付くことなく(多分無意識のうちに止めてた)
集合時間過ぎまでずっと寝てしまっていました。
バイトに初の寝坊、初の遅刻。
ほんと、昨日から今日にかけて何やってるんだろうね俺(´ε`;)





なんというか、"Impulse"は
色々な意味で思い出深い曲になりそうです(´ω`)
可愛がってくれる方がいればいいなぁ♪

それではこのあたりで。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル曲『Impulse』完成版公開
 やっと、本当にやっと、完成しました。

なんとしても年内にはと思い急いでしまったため、
いつもよりアレンジや譜面の確認が雑になってしまいましたが
2012年の最後に完全燃焼することが出来ました。

一年前の仮公開版を覚えている方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、
変貌を遂げたハードロックをお聴きください。



仮公開版からの主な変更点は以下の通りです。

・主旋律・動きのあるパートのベロシティ設定

・対旋律追加

・前奏・間奏の大幅変更

・ストリングス追加

・ドラムソロ追加

・大サビ変更

・波形編集

今回の一番の違いは前奏と間奏ですね。
一年前のあれはかなり味気なかったですからね・・・w

前奏はストリングスとギターに旋律を任せ、
曲の冒頭にはサビの要素を加えてみました。
コード進行は全くの別物になっています。
王道を目指したのですが、ちょっとクサいかもしれませんねw

間奏は一応ドラムのビートが変わるところです。
スネアが偶数拍から3拍目になるところですね。
コードも他とは変わった動きをするのでわかりやすいと思います。

ここではソロで荒ぶったシンセとオルガンにまた活躍してもらいました。
後半はストリングスですね。

この間奏部分、ドラムのアレンジに大苦戦したのですが
上手くまとまっているでしょうか。
そこそこマシになったとは思いますが・・・。

ドラムといえば、ドラムソロ。
なんか、勢いで出来ちゃいました。

ドラムについての知識は皆無といってもいいので、
全て感覚に任せて作っています。

演奏出来ないレベルではないとは思いますが、
タム回しがかなりキツそうですね。

うーん、墓穴掘ってなきゃいいんだけどなぁ。
いかがでしょうか。

シンセとオルガンのソロも、微妙に変わっています。ホントに微妙に。

イントロ後にソロ3連続っていうこの曲構成は
とにかくインパクトを求めた結果です。
『何だこの曲!?』とか『何だコイツ!?』って思われたくて。良い意味で。
そう思って頂ければ大成功です。

あとそうだ、去年明記はしなかったのですが、
サビのコード進行、変則的ですがカノンコードです。

去年の仮公開版はまたちょっと違ったのですが、
今回のこの完成版ではモロに使っちゃっています。

インパクトと同時に、一回聴いて口ずさめるくらいの
キャッチーなフレーズと進行を意識しました。

サビの最後、大サビっていうのかどうか分かりませんけど、
ループ直前はフレーズを完全に変えています。
去年のあれはやっつけで作ったから最悪でした。

あとは所々コードが微妙に変わっていたり、主旋律のパートが違ったり。

波形編集といっても、今回もいつも通り
イコライザーでバランス調整してマキシマイズで音圧を上げたくらいです。

短時間でサラッとやっちゃった割には
いつもよりはかなりマシな気がする・・・。
後日改めて聴いてガッカリするパターンかもしれない。

音圧はもっと上げたいですね。
コンプレッサーを全く使いこなせないのでこれが限界です。

原理は分かってるつもりなんだけどなぁ。
何で上手く出来ないんだろう。つもりだから駄目なのか。

うん、今回書くべきことはこのくらいですね。
思い出したら追加しておきます。

※2013年3月22日
数点改善し再アップロードしました。改善点は以下。
・ベースのアレンジ一部修正
・ストリングスのベロシティ一部修正
・インターフェイスの設定を変え再度録音し迫力を追求
イコライザーはおそらく変わっていません。忘れました。


感想・アドバイス等、是非是非よろしくお願いします。





それではアップロードしてきます。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル曲『Endless Dance』完成版公開
 二ヶ月ぶりの公開となりました。

時間がかかった割には残念なクオリティですが、
仮公開版と比べると(今は聴けませんが)大変身を遂げました。こちらです。



仮公開版からの主な変更点は以下の通りです。

・主旋律・対旋律等のベロシティ設定

・一部のコード進行・メロディライン変更

・ベース・ドラムのアレンジ変更

・パート大幅変更

・数箇所ピアノ追加

・マスタリング

一番の変更はパートですね。
シンセが結構目立っていましたが、弦と木管が主役になりました。

主旋律はヴァイオリンということで変わりませんが、
対旋律&ハモリ担当だったヴィオラは結局オーボエに変更。ごめんよ・・・。

さらに二本のフルートを追加して、木管特有の華やかさを演出してみました。
聴こえにくいと思いますが、サビでは飛び回るように動いています。

しかしここで問題が発生します。
主旋律のヴァイオリン、支えるオーボエ、動き回るフルートとピアノ・・・、
音が多すぎてごちゃごちゃになってしまいました。

あれやりたいこれやりたいとイメージが膨らんで詰め込みすぎました。
でもどれも絶対に削りたくないから
このままいっちゃえという勢いで作りました。その結果がこれです。

コード進行に関しては、イントロは仮公開版とは完全に別物です。
あとはサビ前をセブンスで繋げたのと
サビの最初の4小節間を少しだけお洒落にしたくらいですね。
サビの最後はシンプルにしました。

アレンジですが・・・一部自分でもどうすればいいのか分からなくて。
やっぱり所々おかしいと思います。上手く出来たと思う所もありますが。

今回のソロは全然ソロっぽくないですが
ループ前のピアノとヴァイオリンです。

今回は自分でも納得のいくベロシティ設定等出来ました。
ただやっぱりピアノはもう少し大袈裟でもいいかもしれませんね。

ヴァイオリンはエクスプレッションも少しいじって
少しでも生演奏に近付けようとしてみたんですが・・・、
あまりそういう感じはしませんね。弦の打ち込み難しすぎます・・・。

浜渦さんや桜庭さんはもちろん、
葉加瀬太郎さんの曲も聴いてひたすらヴァイオリンの研究をしました。
やっぱり生演奏には敵いませんね。
というかはっきり言ってこの音源のヴァイオリン嫌だ。

マスタリングは相変わらずです・・・。
コンプレッサーを使うとヴァイオリンの音がおかしくなるので
今回もマキシマイズ一本で音圧上げています。

ずっと気になってたんですけど、音がモヤモヤするというか、
輪郭がはっきりしないんですよね。
この曲の場合前半部はこんな感じでいいかなと思いますけど
サビ以降はもっと華やかに鳴って欲しかった・・・。下手だなぁ俺。

でもあまり低音を下げると薄っぺらくなるし、
高音を上げるとシンバル類が自重しなくなりますからね。
この辺りの加減が本当に難しい・・・。

・・・思ったことを書きまくってたら結構長くなりましたね。

それでは、感想・アドバイス等、もしありましたらよろしくお願いします。





ダウンロード用にアップロードします。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル曲『Turbulence』完成版公開
 宣言通り、間に合わせました!

聴き苦しい所があるとは思いますが、どうぞ。



仮公開版からの主な変更点は以下の通りです。

・メロディ、アコギのベロシティ設定

・一部のコード変更

・ベースのアレンジ変更

・コンガ追加

・マスタリング

はい、コードを変更してみました。繋ぎの部分だけですけどね。

仮公開版はこちらのミスで聴けない状態にしてしまいましたが、
以前よりも合理的な進行に変更しました。

音楽用語でいうと、セカンダリードミナントとか、部分転調とかいうやつですね。
違ってたらごめんなさい。

間奏の部分にはコンガを使ってみました。
イヤホンかヘッドフォンで聴くと分かりやすいかと思います。

打楽器に関しては完全に初心者なので不安ですが、
無難な形にはなっているかと思います。

あとは・・・そうですね、ピアノとアコーディオンのソロですが、
ベロシティの設定は結構控え目だと思います。

アコーディオンはともかく、ピアノはベロシティ次第で化ける楽器ですが、
それほどいじらなくても良いのではと思い、この形に落ち着きました。

抑揚が無いと言われれば無いかもしれません・・・。

というかこの音源のヴァイオリンの音は好きじゃないなぁ。
仕方のないことなんですけどね。

金管の音も好きじゃないです。木管は結構好きなんですけど。
耳が肥えてないからでしょうか。

とにかく、この曲に関してはこれくらいで。

感想やアドバイス等、待ってます。





それではダウンロード用にアップロードしてきます。
| DTM | comments(0) |
■□ オリジナル曲『Fatal Wound』完成版公開
 なんだかやっちまった感がかなりありますが、これで完成にします。

ただ手抜きではありません。やれることはやったつもりです。



うん、相変わらず長いですね。1ループ3分超えるもんなぁ・・・。

仮公開版からの変更点は以下の通りです。

・ハードウェア音源の使用

・メロディのベロシティ設定

・ベースとドラムのアレンジ

・マスタリング

マスタリングはやる度に下手になってる気がする。
聴きやすくするはずが、むしろ聴き辛くなってる・・・。

ギターソロは頑張ってみました。しょぼいですがorz
ピッチベンド表とにらめっこしながら一つ一つ設定していくのは結構辛いですね・・・。

ベースとドラムのアレンジは相変わらず下手ですね。これからの課題だね。

あとは特に語るべき点は無いかな。

ボス戦を想定して作ったので、前の二曲と違った雰囲気を感じていただけたら僕としても成功です。

ちょっとホラーな感じも出したつもりです。ホラゲーなんかにも使えるかも?

感想やアドバイス等、もしありましたらよろしくお願いします。





それじゃあ今からダウンロード用にまたアップしておきます!

muzieにも投稿しておきます!
| DTM | comments(0) |
| 1/2 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex